明智 光秀 僧侶。 光秀はどう関わったのか? 織田信長による比叡山焼き討ちの真相【麒麟がくる 満喫リポート】

僧侶 明智 光秀

☝ 交渉の結果、近江北郡の所領に関しては、浅井長政が3分の1、残り3分の2を信長に配分することでまとまった。 この当時の名前の付け方は、父祖 ふそ 代々の祖先 の名前から一字、また偏諱といって時の権力者から一字もらう組み合わせでした。

僧侶 明智 光秀

🖕 実は天海存命中から天海が12代将軍・足利義晴の落胤だとする説が唱え続けられましたが、これはこの家紋の相似が原因とされています。 明智光秀の生存説が残されていて、光秀は生き延びて本徳寺で仏門に入った旨の伝承があります。

僧侶 明智 光秀

🤙 天海によるこれらの経典の出版は日本の印刷文化史上、最も重要な業績の一つと言われている。

5
僧侶 明智 光秀

⚓ 僧でありながら武家・公家諸法度の起草をした点や、本能寺の変(家康陰謀説)、武田信玄・徳川家康との関係などである。 本能寺の変があった時、徳川家康は少数の重臣と堺見物をしていて伊賀越えして危機を乗り越える。 では、なぜ信長は比叡山を焼き討ちにしたのだろうか。

僧侶 明智 光秀

🙌 「光秀=天海」説が成り立つのなら、光秀は山崎の戦いの後も生き続けていた、ということになりますよね。 まとめ 死んだはずの光秀が実は生きていて仇である豊臣を滅ぼし、やがて徳川を擁立して自分が天下を取った、と考えるとロマンはあります。

11
僧侶 明智 光秀

✍ 阿閉貞征 はじめ浅井家の家臣、のちに織田家家臣となった近江山本山城主。

8
僧侶 明智 光秀

😚 このように、関ヶ原の戦い後の不思議な戦後処理は、山崎の合戦にて光秀に見方したかどうかで説明できるとする説があります。 光秀の影武者説より、光秀と秀吉が繋がっていた説のほうがあり得そうですが…。 春日の局の父は明智光秀の重臣の 斎藤利三である。

12