シ ファク ティヌス。 シファクティヌス

ティヌス シ ファク

💔 (中生代白亜紀前期末期アルビアン[en] - 後期終盤カンパニアン)• しかし本性は40cmほどになるセルフィンに近い仲間です。 Xiphactinus vetus クシファクティヌス(シファクティヌスとも)・ウェトゥス(ヴェトゥスなどとも) 分布 [ ] と呼ばれる当時浅海であった、の、、のから多数のが発見されており、また、とからも発見されている。

ティヌス シ ファク

😈 シファクティヌス• audax• 研究チームは、全長6メートルを超える捕食性魚類の化石を、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの約1400キロ南方に位置するコルウエ・ウアピ(Colhue Huapial)湖の近くで発見。

ティヌス シ ファク

😍 これまでシファクティヌスの化石は北半球でしか見つかっていなかったが、最近になってベネズエラで1例が発見されていた。 通常は標準体長が採用されるが、ここでの確証は無い。 たとえばでは全体を "-" と訳している。

13
ティヌス シ ファク

👊 うーん、小骨が多いし、ヒレは尖ってるし。

19
ティヌス シ ファク

☺ genus Xiphactinus• この巨大魚は「白亜紀末期に現在のパタゴニア海域を泳いでいた。

17
ティヌス シ ファク

❤ is of• これらは通常、獲物を呑み込んで間も無く何らかのアクシデントで命を落とし、その後すぐに埋没したものと考えられている。 現在に生きていたら、アクアリストの憧れの怪魚になりそうです。 極めてが高く、俗な表現ながら、「海のギャング」という点において獰猛な肉食性の 類に比肩したほとんど唯一の硬骨魚類である。

18