労働 基準 監督 署 相談。 結論、労働基準監督署への相談は電話より窓口がベター|残業代請求弁護士ガイド

署 労働 基準 相談 監督

☘ 労働基準局・労働局・労働基準監督署それぞれの違いと役割 上記3つの機関は、一番トップに厚生労働省が存在します。 言語切替 Language• また、せっかく相談しても、対応を後回しにされたり、会社には改善命令ができなかったりなど、取れる解決策には限界があるのも事実です。

署 労働 基準 相談 監督

👐 この労基こと 労働基準監督署という名称はなんとなく聞いたことがある方も多いとは思いますが、名前がよく似た機関で 「労働基準局」「労働局」というものも存在します。

署 労働 基準 相談 監督

💋 トラブルごとにどの相談機関を利用すればいいのか確認していきましょう。 労働安全衛生法を守れていない企業に対しては、行政指導が行われます。 民事的な事案に関して労基署が出来ることは、あくまで注意や指導、是正勧告までに留まるでしょう。

署 労働 基準 相談 監督

♨ 日本語• 「残業代が払われない」などの相談事は弁護士にも相談することをお勧めします。 法令違反等の状態の是正が確認されれば、指導は終了です。

署 労働 基準 相談 監督

😊。 また、 基本給やある手当に含めて残業代を支払っていると会社が労基署に主張する場合も、最近の傾向としましては、労基署は会社の主張を覆すところまでの動きはしないように思われます。

9
署 労働 基準 相談 監督

😒 労働関連法に関わらない事柄の場合、実際に行動してもらえないことがある• 1-2 :いじめ、パワハラ、セクハラ、不当解雇などは労働局がおすすめ あなたのトラブルが以下のようなものである場合、労働基準監督署ではなく、 労働局(労働局雇用環境・均等部)に相談するべきです。 労基署に相談にいくと、任意で「名前」「会社名」「住所」などを聞かれることが多いです。

11
署 労働 基準 相談 監督

🐝 労働基準監督署へ相談しても解決のために動いてくれなかったり、期待する回答が返ってこないのは理由があります。 もっとも労働基準監督署や労働局の中に設けられている、「総合労働相談コーナー」に相談すると、労働基準監督署では扱っていない労働の相談ごとにも乗ってくれる場合がありますので、こちらも利用してみましょう。 さらに、先ほども簡単に触れましたが、通報(申告)は「匿名」や「メール・電話」より、 「実名」「直接訪問」で行うべきです。

2
署 労働 基準 相談 監督

🙃 次に、労働基準監督署に相談するべきではないトラブルの例を紹介します。 2-1 :労働基準監督署に相談するメリット 労働基準監督署に相談する メリットには、以下の 2つがあります。

6